一般紙・特殊紙の販売・オーダーなら紙卸商の「株式会社山利」

紙の目(流れ目)

紙の目は紙の特性として代表的かつ重要なものです。
パルプから紙を製造する段階で一定方向に繊維の流れができるため、紙の目(流れ目)ができます。紙の目には縦目(T目)と横目(Y目)があります。
全判用紙の長辺に平行に流れるものが縦目(T目)、長辺に垂直(または短辺に平行)に流れるものが横目(Y目)となります。詳細は用語集の縦目(T目)と横目(Y目)をご参照下さい。
紙の目はどちらの目にするかによって印刷・加工・製本などの工程に大きく影響が出るため注意が必要です。紙の流れ目は以下のような特性があります。
・流れ目に対して平行に折りやすい、破りやすい、湿気や乾燥で平行方向に反りやすい
・流れ目に対して垂直には折りにくい、破りにくい、湿気や乾燥で垂直方向に反りにくい

PAGE TOP